5歳のわたし!

日々のこと


自分の人生の中で
どの時代が

賢くって
鋭くて、
いい人だったか
っていうと

5歳のとき
なんですよね。


本当に
いちばん賢くて鋭いのが5歳のとき。


のっぽさんの素敵な動画を見て思いだした。



のっぽさんの動画
あの頃小さかった人たちへ 高見のっぽさんからメッセージ

https://youtu.be/rg-kyHMGbWQ



演技のコーチに
ずっと教わっていた方法で、

5歳に戻るトレーニングがある。
演技においてフィルターのない
純粋な感情を出すためなのだ。


わたしは普段
嬉しいも怒りも感情をそのまんま隠せずに
すごいねー!なんて言われる。
(素直すぎて空気読めないとも言われるけど♪)

それもこれも、
5歳の自分の感性に戻ろうという
ことを何年もやっているからでもある のかな


今まで漠然と
少年の心を忘れてない男性が好き
って感じていた

その根っこを
思い出した感じだ✨



誰もが小さいころに

本来の自分が求めていたNEED
才能やたくさんの宝物があるけれど、

大人になるにつれどんどん、、
周りの環境に影響されつつ


NEEDに蓋をし、蓋を開けないように
別の人格を作り上げて生きてきて

すっかり忘れてしまったりする。



のっぽさんは
『小さな人』に最大の敬意を込めて
接するとおっしゃっていた。


名前を聞きたいときは
大変恐れ入りますが、あなたのお名前をお聞かせ願えますでしょうか。
というぐあいにだ✨


わたしにとっては


自分のなかにいる

5歳の『小さな人』自分ちゃんにも
最大の敬意を込めて

そのころ叶えたかった望みを
叶えることでもある。





あのころ
蓋をして押し込めた


愛されたい
愛をいっぱい贈りたい
思う存っっ分甘えたい!!


それは
小さい頃の
賢くって
鋭いわたしが発見した


わたしの最高の才能であって
わたしの最高の宝物だ✨





わたしは、思う存分甘えたい!
超甘えんぼちゃん!!なのだけど、

それをなくすため
ずっと、
甘えるの嫌い人間、一人で生きられますわぁ!
という超サバサバ女を育て上げ

これが本当の性格なんだなんて信じ切って
年上の人にも姉さんなんて呼ばせていた。笑

それに、甘えん坊の女が大嫌いで
ただの同族嫌悪だったことが発覚する😂

5歳の当時、
その感情を押し込めてしまった理由は

妹が生まれ羨ましくて
甘えるのは親に嫌われそう
という方程式ができて
つくりあげたものなんだとわかった。



甘えたい、なんて
一見単純なNEEDなのだけど

それが
小さなひと にとっては一大事で

それを忘れ去るように別の仮面を
がんばってがんばって育ててきたんだね。



自分の仮面を見つけると
気づく。


これは


人によって作られたわけでもなんでもなく


ただ、



自分で、こうしたほうが良さそう!
と、決めて、育ててきた

自分で蓋をすると決めたんだ






だからこうして
思い出したときに鳥肌がたつ。

思い出すストーリーを楽しみたくて

わざと自分で
忘れて蓋をするという
選択をしていた😆


蓋を開けるのも
自分でできるね✨



5歳の頃何が好きだったんだろう?
この頃を知るために
ママに連絡をしたら


絵をずっと描いてて
自作の歌を作って
椅子をステージに披露してたよ


😂


今と変わらんやない笑





思う存っっ分甘えたいも愛されたいも
愛をいっぱい贈りたいも


自分のなかの『小さな人』自分ちゃんの
求めていたものを

最大の敬意を込めて
叶えていく。


笑うのも泣くのも怒るのも
急に雨の中走り出したって
忘れ物したって
コンディション悪くたって


大丈夫だよーっ!
どんなときも愛してるよー!
って叶えていく。








らぶみ

コメント