わたしの最愛の彼

日々のこと


自分の望みを叶える

というとさ、


いやぁ、、だって、こわい(ノ_<。)
誰かと比較したり
恐怖に怯えたり
なかなか難しいよね


そんなときは


脳内に


わたしの望みを叶えてくれる
最愛の(超かっこいい)彼
を登場させる。





わたしはもともと、

レストランなどで好きな席に座ることや
欲しい食べ物が少々高くても
自分の願いを叶えるのは楽にできてきた。


それを

自分の中の男性性
と、呼ぶようなのだけど、


最愛の彼、で例えてみたら




レストランに入って
狭い1人席へ案内されたとき↓


わたし『あっ、あの窓際の席のほうに座りたいな〜…』


彼『よっしゃ、大好きならぶみのためなら叶えてやる!
店員さんすみませんー!あの空いている窓際、座れませんか?』

店員さん『すみません、4人組のお客様がきたときのためにあけてありまして。。』

彼『えっ、でも、いまは空いています…よね? 15分くらいで出るので、
少しだけでもだめでしょうか?』


そして案外okがでる。。


というぐあいに


男性性で

最愛の彼女のために
望みを叶えてあげていたようだ。





絵を描きたい、
イベントやりたい、
いろいろ作りたい、

という新たな望みには

最愛の彼という概念がなかったから

なかなかOKがでなかった。



自分一人でもんもんと、

できない、、うぅっ、
腹決めて、ハァーー!!!
頑張って馬力出しで乗り換える



でも、それってさ


最愛の彼の概念
でいってみたら、




わたし『絵を描いて売ってみたいんだ〜…』

彼『うん、、でも、美大も出てないしさ、
安定しないからやめといたほうがいいんじゃないかな?』


わたし『プリンターが欲しいんだ〜…』

彼『うーん、いま俺金欠だからな、、コンビニでもできるらしいよ?』



ってかんじ!!!


そんな彼めっちゃ嫌なんですけど!!😂




わたし『絵を描いて売ってみたいんだ〜…』

彼『うん!らぶみの絵、優しいし気持ち伝わるし、すっごい良いもんな!
やってみたらいいよ!どんな場所で売りたい?どんなふうに売ってみたい?
場所も用意しといたよ!』


わたし『プリンターが欲しいんだ〜…』

彼『おー!もちろん、大好きならぶみの欲しいもんは買ってやる!
(金欠だけど、最愛の彼女のために稼いできて、
又はどっかから手に入れる方法を考えて、らぶみに贈るぜ!)』


って


そんな彼がいいよね〜〜〜!🥰



わたし『トイレ行きたい、、けど今行ったら迷惑だよなぁ…こわい…』

彼『そりゃ大変だ!俺が話しつけてくるから行っておいで♪』
(めっちゃ優しくスマートに話をつけてくれた)


とかね😂




お茶飲みたい、
トイレ行きたい、
あれ食べたい、
ここ行ってみたい、、


なんでもかんでも



自分の最愛の彼を登場させて


可愛い自分ちゃんの望みを叶えてあげる。




人と比べてしまって
落ち込んだ時、
嫉妬しちゃったときは


彼『何が嫌だったの?ほんとはどうしたかったの?』

って
優しく自分ちゃんのそばにいて
望みを聞いて、また叶えてあげる。




これ


自分で自分を癒せる
自分ちゃんを大好きになる
最高の近道だよ♡♡



そして
そうしていると
自分の本当の
望みがどんどん明らかになってくる。

自分の望みは
自分にしかわからない

相手の頭ん中なんて
わかるわけないよ

人任せにしない。




さぁ、

いまほんとは何が欲しいんだろ?✨


優柔不断すぎる彼女…w





らぶみ

コメント